トップ / 葬儀で起こる様々な問題

単身赴任と暮らしの情報

葬儀に関する取り組み 

葬儀といえば通夜から葬式、告別式、といったセレモニーをイメージすることと思います。しかし、開催する遺族にとっては、自宅での遺体の安置から納棺までにおける枕教やお浄めなどの儀式が通夜の前に行われ、告別式の後には、火葬、中陰法要、初七日法要、精進落としなどが行われます。初めて知ることも多く、様々な問題が起こってしまいます。さらに、大切な方が亡くなった直後では、心の整理がつかない可能性が高いため、余裕をもった行動をするためには、葬儀のプロセスを把握、参列の方に連絡が取りやすいように準備してことがよいでしょう。

葬儀も多様化してきました 

これまででしたら、ある程度流れややり方などが決まっていましたので、内容に大きな変わりはありませんでした。ですが、最近では葬儀といってもさまざまあり、種類が豊富になってきました。最近特に人気なのが、家族葬といわれるシンプルでこじんまりした方法です。ごく親しい人たちのみで行われ、香典などもありません。故人をよく知る者たちだけでおこなわれるため、故人の思い出話なども十分にできますし、スタイルもいろいろですので、故人の好きな音楽などを流しながら葬儀を行うというようなこともできます。