トップ / ゲストハウスで暮らし体験

単身赴任と暮らしの情報

暮らしの感覚、ゲストハウス 

高級なホテルに宿泊して旅を楽しむことの一方で、低価格でなおかつ、一緒になったお泊まり客や宿主さんと家族のように親しく旅のひとときを過ごせるのがゲストハウスです。相部屋などに宿泊して知らない人たちとお話ししたり、観光して疲れてゲストハウスに帰ってくると相部屋の人たちにお帰りと迎えられたり、低価格のこともあって、まるで、知らない土地で旅人が暮らしはじめたような感覚になりとても新鮮です。そしてまた、暮らしの中にはそうした親密な人間関係が不可欠なのだと知らない旅先の場所を通して再確認し、旅を終えていつもの日常へ帰って行くことができるでしょう。

ゲストハウスのある住宅 

日本ではゲストハウスというものを考えて設計する人は数少ないです。考えて設計しているのであれば、家賃収入などに利用されることが多いです。賃貸として貸して暮らしてもらうのであれば、アパート経営とは違い広い土地の有効活用して十分収入が得られます。借りて暮らしている方も、アパートとは違い、隣接する部屋を気にしなくてもいいですし、個人経営をしていることも多いので敷金・礼金も発生しないことがあります。一時的な宿泊などにも利用できるので、長期滞在の際には便利な宿泊施設でもあります。全国各地で簡易宿所をゲストハウスとしていることもあります。

出たな!幸せ者!